FC2ブログ

リサイクルショップならではの悩み

今日はリサイクルショップでの買い物についての注意点を書きます

ポイントは付属品です。
リサイクルショップに入荷するほとんどの電化製品や厨房機器は中古品で、今まで別の人が使っていて、それを僕らが買い取って販売するのですが、買取の際に付属品を確認すると、全て揃っているのは稀で、リモコンがないとか、取説がないとか、ケーブルがないとかです。
リサイクルショップの中には付属品が欠品していると買取らない!ってお店もありますが、僕らは一応買取ります。
まぁ販売するに当たり必要不可欠な付属品は製造メーカーから購入する事もできますし、代用出来る物があればOKです。

ただ一つ問題があります。
それは付属品の確認で、基本的に取扱説明書に記載されているので、取扱説明書がないと付属品の確認も出来ません。

なので取扱説明書の有無で、ちゃんとしてるリサイクルショップと、いい加減なリサイクルショップの判断が出来るんじゃないでしょうか?

理由は最近の電化製品は、ほとんどのメーカーが取扱説明書をメーカーホームページでダウンロード出来るようにしてくれています。
なのでリサイクルショップ側は取扱説明書をメーカーから取り寄せたりせずに、プリントアウトして商品に付属できます。

厨房メーカーはまだ対応していませんが、その内ダウンロード出来るようになるんじゃないでしょうか?

すごく便利で重宝してるのですが、最近のAV機器や薄型テレビやドラム式洗濯乾燥機などの取扱説明書ページ数の多さのせいで、紙の無駄やプリンターインクの無駄を理由に付属させないリサイクルショップも多いのではないでしょうか。

まぁリサイクルショップ無限堂大阪店は取扱説明書コピーは僕の担当なのできっちりやってます。
両面印刷可能なプリンターに、激安リサイクルトナーを入れて、本日は液晶テレビの取扱説明書を冊子にして付属しました。
液晶テレビの取扱説明書
総ページ数287ページで、やっぱりここまで分厚くなると普通のコピー用紙を折り曲げて冊子にしてもみっともないですが、ご勘弁下さい。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント